椎間板ヘルニア

HERNIA

  • HOME
  • 椎間板ヘルニア

施術のご紹介動画

準備中です

椎間板ヘルニアの症状

ヘルニアというと腰の症状を思い浮かべる方が多いかもしれませんが、首のヘルニアもよくある症状です。首のヘルニアのほうが腰に比べると症状が穏やかなので、腰のヘルニアの印象が強いのかもしれません。椎間板(ついかんばん)ヘルニアが腰のヘルニアであり、頸椎(けいつい)椎間板ヘルニアは首のヘルニアです。

形成外科医院等で、「椎間板が狭い」といったことを指摘された患者様もいるかもしれません。椎間板の現在の状態を診ることは、レントゲン撮影によっても可能です。

ヘルニアの症状としては、下記のようなものがあげられます。

首や腰の痛み
病院等でヘルニアと診断された
足のしびれ
首のしびれ

また ヘルニアになりやすい人の特徴は以下の通りです

  • ヘルニアにかかったことがある人
  • 腰痛を繰り返している人
  • 疲労感が続いている人
  • 長時間ずっと同じ姿勢をとりがちな人
  • 重い物を持ち上げる作業が多い人
  • 身体のバランスが崩れている人

当院の椎間板ヘルニア施術

25歳を過ぎると椎間板は徐々につぶれ 椎間板の隙間が狭くなっていきます 椎間板は栄養がいきにくい部分なので これを定期的にメンテナンスして 椎間板をいかに再生していくか 椎間板を再生していくかが同じ症状を繰り返さないための要です

椎間板ヘルニア施術には 椎間板にかかってくる圧(あつ)……すなわち上半身の重みを取り除いた状態で施術をしていくことが最良と考えています
つぶれてしまった椎間板は 最大80%までの再生が可能といわれております だからこそ予防が大切です

当院では 椎間板の状態を診て 既に痛みが出ている方や いずれ痛みが出そうになっている方には 椎間板ヘルニアにならないよう予防施術もしています

問診によってヘルニアかどうか、 ヘルニアであればどのような状態かを把握し 施術方針を組み立てます

ヘルニアになっている方でも 現在の痛みの原因が椎間板ヘルニアによるものではないといった場合もありますので 状態把握が大切です

椎間板性なのか関節性なのか それとも筋肉性なのか……といったパターンに分けて それに合わせた施術をしております

治療には基本的にFMT無痛腰痛療法を行います 

これはアメリカで特許取得している特殊療法!

椎間板ヘルニアは神経が阻害されることによって痛みが起こるものですが ヘルニアを起こしている患者様は 筋肉の状態も悪くなっています ですからまず筋肉の状態をご一緒に改善することから始めます

プロテックに乗って力を抜けず痛みを誘発される方の場合には他の施術を行うのでご安心ください

患者様の状態によりますが 通い始めは毎日か1日おき程度 その後は週2回、1回……と 様子を見ながら定期的に通われることをおすすめしております

お気軽にお問い合わせください

なのはな接骨院おススメ検査

ご希望の方は お気軽にご相談ください

施術料金

Aグレード 3,000(税抜)
Bグレード 4,000(税抜)
Cグレード 5,000(税抜)
Dグレード 6,000(税抜)
Eグレード 8,000(税抜)
スペシャル 10,000(税抜)
VIP 20,000(税抜)

Bグレードお勧め症状

  • 立ったり、起きたりがスムーズにできない
  • 軽い腰痛が常にある
  • 腰が硬くて動かしにくい
  • 腰が重く感じる
  • お尻や脚に痛みやしびれなどの神経症状はない
  • 歩行中に歩けなくなることはない

Cグレードお勧め症状

  • 真っ直ぐ立ち上がるのに10秒以上かかる
  • 常にズキズキする
  • 何とか歩ける
  • 瞬間的にズキッとしたり腰が抜けそうになる痛みがでる
  • 軽い神経痛を時々感じる
  • 立ったまま腰を曲げて指が床につかない

Eグレードお勧め症状

  • 真っ直ぐ立ち上がるのに1分以上かかる。
  • 痛くて真っ直ぐに立てない
  • つかまりながらなら歩ける
  • 瞬間的にズキッとしたり腰が抜けそうになる痛みがでる
  • 常にお尻や脚に痛みやしびれなどある
  • 神経痛を時々感じる

アクセス

問診フォーム

事前に問診フォームから、症状をお伝えいただいたうえでご予約いただけますとスムーズなご案内が可能です。

お問い合わせ・ご予約はお気軽に

当院は予約制です。事前にご予約ください。

お子さん連れのママも安心 親子ルームも是非ご利用ください ● 要予約 お子さん連れのママも安心 親子ルームも是非ご利用ください ● 要予約