なのはなブログ

nanohana blog

  • HOME
  • なのはなブログ

2019.10.31更新

ポッコリお腹になる4つの原因

1. おなかや腰回りの筋肉のおとろえ
  ・普段から悪い姿勢をしている方
  ・長時間同じ姿勢が続く方

2. 姿勢が悪く、骨盤がゆがんでいる
  ・普段の姿勢とからだの動かし方で骨盤の位置が決まります

3. 食生活が悪い
  ・食べたいものを好きなだけ食べていませんか?
  ・栄養のバランス(タンパク質・ビタミンミネラル・糖質・脂質)が悪い

4. 遺伝子リスクがある
  ・遺伝子的に 皮下脂肪・内臓脂肪がつきやすい
  ・姿勢を維持する筋力が低下しやすい

 

ポッコリおなか改善の4ポイント

1. おなかと腰周りの筋トレ&おなかの脂肪燃焼をする
2. 姿勢を改善する
3. 食生活を見直す
4. 自分の体質に合わせた生活習慣を送る

 

おすすめの簡単な筋トレを二つピックアップしました。

 

1. ポッコリおなか改善の筋トレ

① ハイプランク 【初心者向け】

 ハイプランク 【初心者向け】

トレーニングの正しいやり方
(1). うつ伏せで寝る  ※マットなどを敷くといいです。
(2). 手を肩からこぶし1つ分外側につけます
(3). 膝を床につけたまま肘を伸ばして四つん這いになります。
(4). 目線を前に向けてつま先で立ち、首から足まで一直線にします
(5). 一直線の姿勢を30秒キープ
(6). 休憩 (30〜60秒)
(7). 姿勢を一直線に整えて30秒キープ
(8). 休憩(30〜60秒)
(9). 姿勢を一直線に整えて30秒キープ
(10). 終了~! これが1セットです。


注意
・30秒間キープが難しい場合は時間を減らして、なれてきたら少しずつ時間を延ばしましょう
・1回の最長時間は1分間にしましょう


トレーニングのコツ
・呼吸をゆっくりと安定させましょう。
・目線を前に向ける
・腰が上がったり下がったりしないように注意
・体が一直線になるようにしましょう
・お腹に力を入れてそのフォームをキープ
・間違ったフォームにならないよう、鏡で確認をしながら行いましょう。
・鍛えたい筋肉に力を入れるようにしましょう

 3セットを目標にぽっこり姿勢を改善しよう!

 

先ほどの筋トレが楽にできる方はこちらに挑戦してください。

② プランク【フロントブリッジ】

プランク【フロントブリッジ】

トレーニングの正しいやり方
(1). うつ伏せで寝る  ※マットなどを敷くといいです。
(2). 両腕を肩幅くらい広げて、上半身を起こします
※肘の角度は90度にしてキープしましょう
(3). 目線を前に向けてつま先で立ち、首から足まで一直線にします
(4). 一直線の姿勢を30秒キープ
(5). 休憩 (30〜60秒)
(6). 姿勢を一直線に整えて30秒キープ
(7). 休憩(30〜60秒)
(8). 姿勢を一直線に整えて30秒キープ
(9). 終了~! これが1セットです。

3セットを目標にぽっこり姿勢を改善しよう!

注意
 ・30秒間キープが難しい場合は時間を減らして、なれてきたら少しずつ時間を延ばしましょう

トレーニングのコツ
 ・手は握らず、前に伸ばす
 ・呼吸をゆっくりと安定させましょう。
 ・目線を前に向ける
 ・腰が上がったり下がったりしないように注意
 ・体が一直線になるようにしましょう
 ・お腹に力を入れてそのフォームをキープ
 ・間違ったフォームにならないよう、鏡で確認をしながら行いましょう。
 ・鍛えたい筋肉に意識して力を入れると効果的です。

 

筋肉トレーニングをしたら30分以内にプロテインを摂取すると筋肉の修復が早くなり筋肉痛予防に!

(サプリメントの相談も当院で行っていますよ)

 

長くなりましたが、筋トレに挑戦してみてくださいね!

今回は、継続しやすい簡単な筋トレを紹介させていただきました。

 次回は、「ぽっこりお腹を改善&予防する正しい姿勢とは!?」です。

ブログにアップしたら、なのはなLINEでお知らせしいたします。

是非チェックして、ぽっこりお腹&腰痛肩こりの改善のために正しい姿勢を覚えてください!

 

 

 

 

投稿者: なのはな接骨院

お問い合わせ・ご予約はお気軽に

当院は予約制です。事前にご予約ください。

お子さん連れのママも安心 親子ルームも是非ご利用ください ● 要予約 お子さん連れのママも安心 親子ルームも是非ご利用ください ● 要予約